スマホを使うときにも美容に気をつけよう

現代人にとってスマートフォンはもはや生活に欠かせないものです。
しかし使い方によっては美容を損なうこともあるので気をつけましょう。
たとえばだらだらと長く画面を見続けることで目が疲労し、目のまわりの筋肉が緊張して老け顔になってしまいます。
必要なことだけ時間を決めて使い、なるべく依存しないように気をつけるとよいでしょう。
また、今はスマホによる巻き肩が問題になっています。
スマホを操作するために肩が内側に入ってしまい、肩甲骨が開いたままになってしまいます。
肩甲骨は実は美容には大事な要素とされており、ここが開くことで姿勢が崩れ、肩こりや痛み、体のシルエットの崩れにもつながります。
長時間スマホを使わないことに加え、スマホを使ったあとはストレッチなどで肩甲骨を動かすようにしましょう。
さらに、下を向いて集中していると無表情になり、顔面の筋肉のたるみの原因になりかねません。
美容のためにも、背筋を伸ばし、口角をあげてスマートに使いましょう。